顔認証の技術||Face Recognition AI News

最先端の顔認証の技術


ビートソフトは最先端の顔認証技術を持っております。すでに研究開発に成功しており、社内勤怠管理システムなどで実用化もしています。
最近、発売されたiPhoneXでは顔認証でのデバイス起動システムが実装されました。他にも、会社の勤怠管理システムなど様々な場所で顔認証技術が実用化され始めています。
でも、顔認証技術はどこまで信用できるのか、認証の質は高いのか、どうやって顔を認証しているのか、気になりますよね。
そんな、最先端の顔認証技術の技術をご紹介します。

どうやって顔を認証するのか

まず、AIがどうやって顔を認証するのか疑問に思うことでしょう。
顔認証には3つのステップがあります。

1、顔検出

画像や動画の中から、顔がどこにあるのかを判断します。これは、体全体が写っている場合は、頭の位置を判断したり、目や鼻のような顔の特徴から、顔の場所を導き出すのです。
この技術自体は昔からカメラなどでも実用されていて、そんなに難しい技術ではありません。

2、特徴点検出

目の瞳の中心や、鼻の高さや膨らみ、口の端(長さ、大きさ)などの顔の特徴を検出します。このとき、顔が斜めになっていたりしても、正常な方向に修正して認識します。
ここで、瞬時にどこまで細かい情報まで認識できるのかが、顔認識の技術において重要なポイントになってきます。

3、顔照合

2の特徴点検出で認識した特徴と、登録された顔を照合して判断します。そうすることによって、同じ人物であることを認識したり、似ている人物を並べたりといったことが可能になります。

顔認証技術の精度

意外と単純なステップで構成されている顔認証の技術ですが、その技術が実際にどれくらいの精度があるのかは気になりますね。
基本的なことですが、顔認証を行なって、人物を間違えることはありません。
さらに、メガネや帽子をしていても問題なく認証できます。それだけでなく、髪型が変わったり、歳をとってシワが増えたり、太ったりしても、同様に同じ人物として認識できます。
また、サングラスやマスクで顔の一部を隠しても、見えている顔の部分の情報だけで判断することもできます。
双子でも区別できるし、顔が横向きでも、色が違っていても、暗くても、いずれも問題ありません。
それだけの精度が、基本的にはっきりと顔が写っている写真が一枚あれば実現できます。
また、顔認証の技術というと顔をはっきりとアップで写さないと判断できないと思うかもしれませんが、実は遠くからカメラで撮影しているだけでも認証できてしまうのです。

顔認証技術の実用

ビートソフトは実際に顔認証の技術を用いた勤怠管理システムを開発して、社内でも実用化しています。
出勤するときと退勤するときに、カメラに顔を写すだけで、出勤情報を記録できるのです。
さらに、防犯カメラなどへの実用も行なっております。
例えば、工場の出入り口管理システムなども実際に開発しました。このシステムでは、防犯カメラに写った人の顔を認識して、登録されている顔と照合して、不審者の侵入がないか、などを自動で確認することができるのです。
他にも、最先端の顔認証技術を用いれば、様々な便利なことが実現します。

ビートソフトはそんな最先端の顔認証技術を、自社の技術として持っています。

まずは、こんなものを作ってみたいという相談からでもお待ちしております。日本と変わらない最先端の技術力で、コストは大きく抑えて開発を行うことができます。

一緒に便利で新しいものを作ってまいりましょう!!

BEETSOFT Co,Ltd お問い合わせ連絡先
ハノイ本社: 6th Floor, MITEC TOWER, Lot E2 - Cau Giay Urban Area, Yen Hoa Ward, Cau Giay District, Hanoi, Viet Nam
東京拠点: 〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目11番2 幸伸ビル4F
ダナン拠点: 3F, 51 Xo Viet Nghe Tinh, Hoa Cuong Nam, Hai Chau, Da Nang, Viet Nam
TEL: +84 24 3554 5190 (受付時間 10時~19時 土日祝日を除く)
Eメール: contact@beetsoft.com.vn
Contact_en estimate_en